お客様に聞いてみた

Amazonペイメント

にんじん Q&A

ヒューロムスロージューサーH-200

Amazonペイメント
















 


【電話番号】
0120-09-1831
【メール】
info@pika831.com


2021年 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
休日
定休日:土・日・祝
営業時間:9:30〜13:00
14:00〜18:00


 

國末代表のヒューロム社視察記


第1話 株式会社ヒューロムLSで会長と面会




6/16 午後 釜山空港に到着。


当日、ヒューロムジャパンのパク社長が出迎えてくれた。

ヒューロム社は、株式会社ヒューロムと株式会社ヒューロムLSに分かれているそうだが、

双方ともに製造工場を有しており、ジューサーの型番で製造を分けているとのことであったが、

今日はLSに行くということである。




13:05 釜山到着の飛行機は、500人以上が搭乗できる

大型の飛行機であったが、時間の優遇性がいいのか満席状態であった。

乗客には、京都に在籍するプロサッカーチームと思われる40名ほどのグループがいて、

人の視線を集めていたが、私には有名選手を見分けることができなかった。





今回の視察のきっかけは、韓国におけるヒューロムの位置づけを、体感すること。

いわば、百聞は一見に如かずということであった。

後でということになるが、韓国にも同じことわざがあるとのことだった。




空港から車で50分ほど、高速道路も利用しながら、西へすすむと、キメ市につく、

gimhaeと綴るのだが、発音的にはキメに近く、

ギイムフェと呼ぶより手っ取り早くキメと呼ぶようにする。




キメ市に入り小高い丘に登り始めていると、もうすぐ着くと、パク社長から説明があった。

丘への登り道は想像以上に狭く、車がどうにか

すれ違うことができるレベルであったが構わず登って行く。








さっと目の前が開けたと思うと、そこに、明るいグリーンと茶色を活かした6階建ての社屋があった。

駐車場、芝生、本社ビルを囲むように、一番高い工場がコの字形に立っている。

それは、ヒューロムLSの工場ということだった。




本社ビルに入ると、明るいグリーンを基調とした内装と床は板張りのような仕様となっており、

この明るいグリーンがヒューロムのカラーで、自然を表しているということであった。








階上にあがり幹部用の応接室でしばらく待つことになった。

会長は現在来客中とのことで、7〜8分この部屋で待つことなる。

秘書の女性がお茶を運んでくれ、その後すぐに面談の連絡が入った。




会長室に向かう階段で、皆一応に緊張した顔で無言で階段を登る。

セキュリティーの扉に暗証番号を入れることで、会長室に入ることができた。

会長室には、柔和な笑顔の小柄な紳士が出迎えてくれ、

サッと名刺を出され、名刺交換の後、応接テーブルを勧められる。




同行したパク社長が、1枚のレポート用紙に収まった当社の事業内容や

売り上げなどを説明して、会長がなるほどと頷くことで、面談が始まる。



会長より初めに、「ヒューロムスロージューサーを販売する上で、

何か協力できること、必要なことはありませんか?」と聞かれ、

予想をしていない質問に、少し考えてから、

会社がもっておられるフィロソフィー哲学や低速ジューサーを開発された理由、

今後の展開など、資金や掛け率、優遇性などの実務とは離れた質問をすることにした。




実のところ、せっかく会長にお会いすることができたのだから、考えや会社の使命、文化など、

ヒューロムを支える真髄の部分を直接聞ける絶好の機会と思ったわけです。




秘書の女性が、きれいに赤く発色したジュースをもってきてくれ、

りんごとビート(砂糖大根)のジュースとのことだった。

りんごとビートのジュースは始めての経験、実に美味しく飲むことができた。

リンゴはジュースにするとすぐに黒ずんでしまうが、ビート(砂糖大根)を合わせることで、

きれいに発色するそうで実際にきれいなジュース出会った。




会長室に入る前に、パク社長から

「会長は技術畑の人間なので、面談での会話は長くはないですよ。」

と事前に聞いていた。






國末代表のヒューロム社視察記
視察記まとめページへ
第2話へ 第3話へ 第4話へ
※上記をクリックすると各ページにいきます






 第2世代のヒューロムスロージューサー 2014年最新機種

 ヒューロムスロージューサー H2H はコチラをクリック











ページトップへ



支払い方法