秋のにんじん収穫祭

繊維入りにんじんジュース

H-AAキャンペーン

Amazonペイメント

にんじん Q&A

Amazonペイメント











お客様センター


【電話番号】
0120-09-1831
【メール】
info@pika831.com


2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
休日
定休日:土・日・祝
営業時間:9:30〜13:00
14:00〜18:00


 
「人参」と「酵素」の物語
〜人参ジュース・ミックスジュースを飲まれる方へ〜

第1章 「人参の話」

第3節 ゲルソン療法について



「ゲルソン療法について」


1930年前後、ゲルソン療法という食事療法が開発されました。当時末期ガンの患者さんの過半数の症状が改善されたといいますから・・凄いことです。


ゲルソンは、塩分のとり過ぎと、肉食への偏りが、ガン発病の大きな要因と考えていました。だから、塩分を押さえ、肉食をやめ、余分な塩分を排出するためにカリウム(野菜)を摂取することで、ガンの症状は改善できるとして、無塩食・完全菜食主義、そして、1日2リットル以上の野菜ジュース・果物ジュースを飲むことを提案したのです。


でも現代の日本の状況で、1日2リットルのジュースを13回にわけて、毎日飲むことは現実問題として難しいことです。そこで、この食事療法を、より現実的にするために、日本のゲルソン療法の研究家の星野博士が、星野式ゲルソン療法を作り上げたのです。


ゲルソン療法を前提として、仕事をしながらでも、続けられる食事療法の開発が目標です。星野先生は、がん治療とは専門外の精神科医の先生だったのです。なぜ精神科医の先生が、ガンの食事療法の研究をしたのかと、お思いになるでしょうが。実は、星野先生ご自身が、当時大腸ガンで、2年間生存率は0%の、末期症状と告知されていたのです。


研究の結果、人参ジュースを中心とした星野式のゲルソン療法を作り上げ、自ら実践したところ、13年以上たった現在も健康で元気に、生活・活躍されているのです。この星野式ゲルソン療法を実践された多くの患者さんが、ガンを克服されていることも、凄いことだと思います。この取り組みは、かつて人気をはくしたお昼のテレビ番組にも放映され、話題を呼びました。
星野先生は、その著書のなかで、【野菜は副作用のない抗がん剤】とお書きになっています。
詳しく、お知りになりたい方は、ゲルソン療法の本をお読みください。







「人参」と「酵素」の物語 まとめページはコチラとなります

→まとめページへはコチラをクリック←


ページトップへ



支払い方法